第11回カンファレンスが成功裏に終了しました!

6月22日、宮崎大学病院で第11回宮崎救急プライマリケアカンファレンスが行われました。

宮崎生協病院の眞川先生から、結核性髄膜炎を疑う症例、特に診断に非常に難渋した症例から勉強させていただきました。多くのベテラン医師でも頭を悩ませる 程難しい症例でしたが、そこに至るまでを一つ一つ丁寧に議論しながら進めていきました。特に若い先生や学生さんにはロジカルに鑑別を挙げながら診断に迫っ ていく、「プライマリケア医としての診断推論法」の一片を体験してもらえたかと思います。多くのtake home massageを頂けました。

参加人数もこれから増えていくと思いますが、どういった形のカンファレンスにしていくのかもみんなで考えていきたいと思います。