第10回宮崎救急プライマリケアカンファレンスが、去る5月18日に行われました

2012年5月18日、宮崎大学医学部付属病院の講堂にて、記念すべき第10回宮崎救急プライマリケアカンファレンスが実施されました。

 

古賀総合病院、救急総合診療内科の松浦(本ページ管理人)が「風邪と思ったら・・・」をタイトルに、風邪に似た危ない病気「Killer sore throat」の症例をプレゼンテーションして勉強しました。


画像の読み方、頸部の診察の仕方など活発なディスカッションとなり楽しく、非常に勉強になりました。別の講演会が重なって学生さんの参加が難しかったのが少々残念でしたが、これからです。